rekishi.gif
テコンドーとは、故・崔泓熙(チェ・ホンヒ)総裁が朝鮮の古武道「テッキョン」などと日本の空手などの打撃格闘技の理論を研究・融合し、科学的に改良、発展を重ねて1955年に韓国で誕生した新しい武道です。
老若男女が楽しめ、実践できる武道です。
世界中で4000万人の人がテコンドーを学んでいると言われています。
seishin.gif
一、礼儀 ・・・・・・・ 目上の人を敬い、人の行う禮の道
一、廉恥 ・・・・・・・ 心が清らかで、恥を知る心のあること
一、忍耐 ・・・・・・・ 耐え忍ぶこと。苦しくてもじっと我慢できる強い精神
一、克己 ・・・・・・・ 己に克つこと。自分の欲望に打ち勝つ精神
一、百折不屈 ・・・ 幾度挫折しそうになっても決して屈しない精神
syumoku.gif
マッソギ(組手)
テコンドーのマッソギ(組手)は「足技のボクシング」と言われるように足での攻撃が主体となっています。
試合はポイント&ライトコンタクト制で1R3分で行われます。
階級はマイクロ、ライト、ミドル、ヘビーに分かれています。
トゥル(型)
テコンドーには手技2000種、足技1200種あり、テコンドー特有のリズム・ 呼吸・力の集中・体のバランスを体得するために24のトゥル(型)の中に 技を組み合わせています。
この中にはマッソギで使われる部位以外の攻撃もあり、武道としてのテコンドーの根幹を成しているといえます。
トゥルの競技は、動作の正確性・バランス・動作のリズム・動作の美しさ・力の出し方が判定基準となり、これらの表現力によって技術の優劣を競います。
スペシャルテクニック
この競技は高い位置に置かれた板をティミョ・チャギ(飛び蹴り)によって割り、跳躍力・正確性を競います。
華麗な蹴り技といわれるテコンドー独特の競技であり、柔軟な身体とジャンプ力から生まれるその飛び蹴りはテコンドーの醍醐味であり、観客の興味を惹きます。
パワーテクニック
技の威力が試される競技です。
マッソギ(組手)はライトコンタクトで、コントロールしながらの技術が競われます。
それに対し、パワーテクニックはテコンドーの力の理論を体現、実証する競技です。